電話占いではいつも決まった占い師の鑑定を受けている

占いキャンドル

電話占いでは、私はいつも同じ先生の鑑定を受けています。以前はいろんな先生に入っていて、一つのことを聞くのに10人くらいに相談していたと思います。先生によって言うことが結構バラバラで、本当は良くないのですがそのときは多数決で決めていました。いわゆる占いジプシーになっていました。

10人中9人の先生が同じでも、残りの一人の先生の言っていることが当たっていたりすることがあるので、人数で決めるのはあまり意味がないですね。お金も結構使っていて、電話占いだけで月々の支払いが大変でした。

でも最近は一人の先生に絞っています。その先生は細かい部分まで視えていて、当たっていることが多いです。いつも入っているので説明しなくても、すぐに答えてくれるので、お金もかからなくて今は精神的にも安定しています。

以前私は対面占いにも行っていました。日中は対面で夜には電話占いという時もありました。

ただ対面占いと電話占いとは目的が違いました。対面では占いだけで聞きたいことだけを答えてもらうような鑑定でしたが、電話占いは夜中に話を聞いてほしいとか、占い以外でも先生のお話を聞いてみたいとかでした。結構鑑定からかけ離れてしまい、ついつい長くなってしまうのはそのせいかもしれません。

でも今お気に入りの先生は私の金銭的な部分も分かってくれていて、時間を短くまとめてくれたりします。そんなところまで気にしてくれる先生のことが私は大好きです。

そして、今日先生から「ピンク色で彼と一緒に包まれているようなイメージすると仲良くできるよ」と聞いたことを早速寝る前に実践しています。まだまだお世話になると思うけど先生辞めないでほしいです。人気になってほしいけどあんまり人気になると予約が取れなくなるので悩ましいです。